【釜山聯合ニュース】韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は26日午前、釜山市内のホテルで中国の王毅共産党政治局員兼外相と会談した。王氏は韓中日外相会談のために来韓している。

 両外相の会談は7月の東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議の際に開いて以来、約4カ月ぶり。

 この日の会談では、北朝鮮の軍事偵察衛星発射やロ朝の軍事協力強化など北朝鮮問題が扱われたようだ。

 朴氏は王氏に、朝鮮半島問題を巡り中国が建設的な役割を果たすよう求めたとみられる。

 また朴氏は、北朝鮮の偵察衛星発射強行を受け韓国政府が南北軍事合意の飛行禁止区域設定に関する効力を停止したことについて説明したとみられる。

 朴氏は前日に釜山で記者団に「(会談では)中国側にしっかり説明し、朝鮮半島の平和と安定に向けた韓中の協力策を議論する予定」と話していた。

 韓中は先ごろ米サンフランシスコで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と習近平国家主席の会談を調整していたが、実現しなかった。

 このため、この日の外相会談では韓中関係の発展に向けた話し合いも行われたと予想される。朴氏が来年の習主席の訪韓について取り上げた可能性もある。

 韓中外相会談に先立ち、朴氏は同ホテルで日本の上川陽子外相と会談している。

 3カ国の外相は昼食を共に取った後、約4年ぶりとなる韓中日外相会談を開く。