【釜山聯合ニュース】韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官と中国の王毅共産党政治局員兼外相、日本の上川陽子外相は26日午後、韓国南部の釜山で会談した。3カ国外相会談の開催は2019年8月以来、4年3カ月ぶり。約4年にわたり開催がない3カ国首脳会談の日程が具体化されるかに注目が集まるが、年内開催は厳しい雰囲気だ。

 朴氏は会談の冒頭、3カ国首脳会談の早期開催に向けて努力することを望んでいると述べた。上川氏も開催に向けて前向きな発言をした。ただ王氏は首脳会談に直接言及せず、韓日両国と温度差があることをうかがわせた。

 韓国の趙太庸(チョ・テヨン)国家安保室長もこの日、聯合ニュースTVの番組に出演し、ホスト国の韓国が望む3カ国首脳会談の年内開催について「扉は閉ざしていないが、容易ではない」と話した。