【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社のリアルメーターが5日に発表した世論調査の結果によると、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率は前回調査(先月22〜26日)より1.1ポイント上昇した37.3%だった。調査は先月29日から今月2日まで全国の18歳以上の2507人を対象に行われた。

 不支持率は0.6ポイント下落した59.4%だった。

 リアルメーターは尹大統領が保守系与党「国民の党」トップの韓東勲(ハン・ドンフン)非常対策委員長と会合を開き、大統領室と韓氏の対立が収束したことなどが支持率上昇の要因となったと分析した。

 一方、1〜2日に全国の18歳以上の1001人を対象に実施した政党支持率の調査によると、国民の力は前回調査(先月25〜26日)より3.2ポイント上昇した39.8%、革新系最大野党「共に民主党」は0.3ポイント上がった45.2%となった。

 4月の総選挙に向けて革新系野党「正義党」と「緑の党」が結成した選挙連合政党「緑の正義党」の支持率は1.3%、支持政党がない無党派は6.9%だった。