【ソウル聯合ニュース】岸田文雄首相が3月下旬に韓国を訪問し、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と首脳会談を行う方向で検討しているという日本メディアの報道について、韓国大統領室の関係者は14日、記者団に「現在、推進されていることはない」と明らかにした。

 報道によると、岸田首相は3月20日に韓国を訪れる方向で検討しているという。同日はソウルで米大リーグの開幕戦としてドジャース―パドレス戦が開かれる予定で、大谷翔平選手がドジャースデビューを飾る可能性がある。

 ただ、現段階では首脳会談の実現に向けて両国政府が可能性を打診している状況ではなく、日本内部からのアイデアの一つという見方が強い。日本国会の予算案審議日程などを考慮しても岸田首相の訪韓の公算は大きくないとの見解もある。

 尹大統領と岸田首相は昨年、両国の首脳が相互に往来する「シャトル外交」の再開に合意。尹大統領が3月に日本を訪問したことに続き、5月には岸田首相が韓国を訪れた。昨年だけで7回の首脳会談を行った。

 岸田首相の訪韓を巡っては3月下旬に韓国で開催予定の「民主主義サミット」に注目する見方もある。バイデン米大統領と岸田首相が出席する場合、同サミットに合わせ韓米日首脳会談が開かれる可能性がある。