【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、海軍に配備される新型の地対艦ミサイルの発射実験を14日に行い、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が現地指導したと報じた。

 ミサイルは約1400秒(約23分20秒)飛行して目標物に命中し、金氏は実験結果に満足したという。金氏は「もはやわれわれの海上主権を実際的な武力行使で、行動で徹底的に守らなければならない」として、「敵が駆逐艦や護衛艦など戦闘艦船を頻繁に侵犯させている(韓国北西部の)延坪島や白○島(○=令に羽)の北側の国境線水域での軍事的な対応態勢の強化を」と指示した。

 また、韓国が海上の軍事境界線とする北方限界線(NLL)について、国際法的な根拠がないと主張。船舶の取り締まりや海上巡視などの口実で戦闘艦船を北朝鮮側の水域に侵犯させて主権を深刻に侵害しているとして、「われわれが認める海上国境線を敵が侵犯する際はわれわれの主権に対する侵害、武力挑発と見なす」と警告した。

 韓国軍合同参謀本部は14日、北朝鮮が同日午前9時ごろ、東部・元山の北東の海上から朝鮮半島東の東海に向けて巡航ミサイル数発を発射したと明らかにした。北朝鮮による巡航ミサイルの発射は今年に入り5回目。