【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が岸田文雄首相の訪朝の可能性に言及した談話を出したことについて、韓国の外交部当局者は16日、「北と日本の接触を含め、北の問題について日本側と緊密に意思疎通している」と明らかにした。

 また、「(北と日本の接触は)北の非核化や朝鮮半島の平和と安定に寄与する方向で行われなければならない」と述べた。

 韓国統一部のキム・イネ副報道官もこの日の記者会見で、金与正氏の談話について、「最近の日本と北の関係を綿密に見守っている」として、「北の問題を巡っては韓米日が緊密に意思疎通している」と述べた。

 金与正氏は15日に出した談話で、「すでに解決した拉致問題を両国関係の障害物として置きさえしなければ、両国が近づけない理由はない。(岸田)首相が平壌を訪問する日が来ることもあり得る」と主張した。

 岸田首相は9日の衆院予算委員会で、北朝鮮による拉致問題の解決に向けた金正恩氏との首脳会談について、「今、具体的にさまざまな働きかけを行っている現状だ」と答弁した。具体的には言及しなかったが、北朝鮮側との対話が行われているとの見方が出ている。

 外交部当局者は北朝鮮と日本の接触の内容について「われわれが具体的に言及するものではない」と述べた。