【ソウル聯合ニュース】韓国の申源湜(シン・ウォンシク)国防部長官は16日、陸軍地上軍作戦司令部を訪問し、北朝鮮が南北の軍事境界線(MDL)や海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)の韓国側に挑発行為を行った場合、「即刻、強力に、最後まで」という原則に基づいて断固として懲らしめ、挑発勢力と支援勢力の両方を完全に焦土化するよう指示した。

 申氏は北朝鮮が内部体制の結束を強化し、韓国内のあつれきを助長するために韓国を「第1の敵対国」や「主敵」と呼ぶことで、意図的に戦争ムードをあおっているなどと指摘した。

 そのうえで、厳しい安全保障状況において地上軍作戦司令部の役割がいつにも増して重要だとし、確固たる体制と軍事力を土台に敵を圧倒しなければならないと強調した。

 また確固たる体制と強い意思が戦争を防ぎ平和を守る最も確実な方法と付け加えた。