【ソウル聯合ニュース】韓国の張虎鎮(チャン・ホジン)国家安保室長は29日、ソウルの大統領室庁舎で北大西洋条約機構(NATO)のカボリ欧州連合軍最高司令官と会談した。大統領室が伝えた。

 双方はロシアと北朝鮮の軍事協力が国連安全保障理事会決議の深刻な違反という認識で一致し、同問題を巡り情報交換などの協力を検討することを決めた。

 張氏は尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が昨年7月のNATO首脳会議にパートナー国として出席したことが、普遍的価値を共有するNATOとのパートナーシップを強化する機会になったと評価した。

 また韓国とNATOが締結した11分野での連携強化などを盛り込んだ協力文書「国別適合パートナーシップ計画(ITPP)」の履行を通じた協力の強化を希望した。

 カボリ氏はITPP締結の意義を高く評価する一方、サイバー安保や情報共有などでの協力強化を提案した。