【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が18日に西部地区の砲兵部隊による「600ミリ超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の一斉射撃訓練を指導したと報じた。韓国全域を射程に収める超大型放射砲の射撃訓練を通じ、戦争への備えを誇示したといえる。韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が18日朝、平壌付近から朝鮮半島東の東海に向けて短距離弾道ミサイル数発を発射したと発表していた。

 朝鮮中央通信は、この訓練は「武器体系の威力と実戦能力の確証」が目的だったと伝えた。超大型放射砲6発が一斉に発射され、北東部・咸鏡北道吉州郡沖にある無人島と推定される標的に命中する様子をとらえた写真も公開した。

 射撃に続き、目標地点上空の設定した高度で弾頭を空中爆発させる模擬試験も行われた。

 韓米の軍が「KN25」と呼ぶ超大型放射砲は短距離弾道ミサイルとされる。北朝鮮は戦術核弾頭を搭載できると主張している。

 金正恩氏はこの日、武力衝突と戦争が起きる場合に災いのような結果は避けられないということを敵に強く認識させる必要があるとし、「破壊的な攻撃手段が常時、敵の首都と軍事力構造を崩壊させることができる完備された態勢により、戦争の可能性を遮断、抑止する使命遂行を徹底しなければならない」と強調した。

 砲兵の武力強化と戦争準備完成に向けた重大な戦略課題も提示したという。

 金正植(キム・ジョンシク)党中央委員会副部長と張昌河(チャン・チャンハ)ミサイル総局長が訓練を講評した。