【ソウル、仁川聯合ニュース】韓国で昨年発生した水害の行方不明者を捜索中だった海兵隊兵士の殉職事件に絡み、捜査に圧力をかけたとして職権乱用の疑いで捜査を受けていた前国防部長官の李鐘燮(イ・ジョンソプ)駐オーストラリア大使が21日午前、一時帰国した。

 最大野党「共に民主党」は李氏が国防部長官在任中、海兵隊兵士の殉職事件に関し、警察に送られた海兵隊捜査団の捜査記録を回収するよう指示したなどとして、昨年9月に職権乱用などの容疑で高位公職者犯罪捜査処に告発した。告発を受け、法務部は李氏の出国を禁止したが、今月4日に駐オーストラリア大使に任命されたことを受け、禁止措置を解除した。李氏は赴任のため同10日に出国した。これについて、共に民主党は「容疑者を逃避させた」などと強く非難している。4月10日の総選挙を控え、与党「国民の力」は世論の悪化を懸念し、韓東勲(ハン・ドンフン)非常対策委員長が李氏の帰国を要求するなど与党内からも適切な対応を求める声が出ている。

 李氏は仁川国際空港で記者団に対し、「臨時帰国したのは防衛産業協力に関連した公館長会議に出席するため」として、「滞在期間中、高位公職者犯罪捜査処の聴取を受けられる機会があればと考えている」と述べた。

 李氏が言及した会議にはオーストラリアやサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、インドネシア、カタール、ポーランドの大使が出席し、25日から防衛産業の輸出支援策などを議論する。だが、一部の大使が出席し、防衛産業に絞った会議を開くのは前例がなく、李氏の早期帰国のため急きょ設けられた会議との指摘も出ている。李氏は会議後、オーストラリアとの外交・国防閣僚協議(2プラス2)の準備業務を行うとしており、総選挙までは韓国に滞在するとみられる。

 李氏を捜査してきた高位公職者犯罪捜査処が李氏をいつ聴取するかも注目される。大統領室は李氏がいつでも聴取に応じるという立場を示している。

 一方、野党の国会議員約10人はこの日早朝から仁川空港に駆けつけ、李氏の任命撤回や任命を強行した尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の謝罪などを求めた。