【ソウル聯合ニュース】韓国軍の軍事偵察衛星2号機が8日午前(現地時間7日午後)、米フロリダ州から米スペースXのロケット「ファルコン9」で打ち上げられ、軌道に投入された後、地上局との交信に成功した。これにより偵察衛星2号機の打ち上げ成功が確認された。

 偵察衛星2号機を載せたファルコン9は、日本時間8日午前8時17分(現地時間7日午後7時17分)にフロリダ州から打ち上げられた。2分28秒後に1段目、その47秒後にフェアリング(衛星のカバー部品)を分離。9時2分ごろに2段目を分離し、偵察衛星2号機を予定の軌道に投入した。

 同機は9時11分ごろに地上局と最初の交信を試みたが交信は行われず、10時57分ごろの2回目で交信に成功した。

 偵察衛星2号機は高性能の合成開口レーダー(SAR)を搭載し、昼夜を問わず全天候で撮影できる。数カ月間の運用試験評価を経た上で北朝鮮の監視・偵察任務に就く予定だ。

 韓国軍の軍事偵察衛星1号機は昨年12月2日に打ち上げられ、今年6〜7月から北朝鮮内の主要な標的の監視任務に入る見通しだ。