【ソウル聯合ニュース】韓国とオーストラリアが5月初旬、6回目の外交・国防閣僚協議(2プラス2)をオーストラリアで開催する方向で調整していることが16日、分かった。複数の外交消息筋が明らかにした。協議に合わせ、両国の外相会談や国防相会談も開かれる見通しだ。

 協議が開催されるのは2021年9月(ソウル)以来となる。6回目協議は当初、昨年10月に開かれる予定だったが、イスラエルとイスラム組織ハマスの衝突など中東情勢の緊迫化を受け中止になった。

 韓国が定例の外交・国防閣僚協議を開催しているのは同盟国の米国を除いてはオーストラリアが唯一だ。戦略的な利害や価値を共有する国と位置付けている。

 今回の協議は防衛産業協力など外交・国防分野の懸案や朝鮮半島問題、地域・世界問題などについて幅広く意見交換するとみられる。両国は韓国企業の装甲車の輸出契約を締結し、2国間・多国間訓練を活発化させるなど国防・防衛産業協力を強化している。