オノ・ヨーコが、ザ・ビートルズ解散に関する自身の噂に疑問を呈している。1969年に故ジョン・レノンと結婚、翌年同バンドを解散に至らせたといわれるヨーコだがその噂を否定するファン達のメッセージをシェアしたかたちだ。

 また、ディズニープラスで配信開始されたばかりのピーター・ジャクソン監督によるドキュシリーズ三部作『ザ・ビートルズ:Get Back』の中では、同バンドが最後のアルバムとなる『レット・イット・ビー』をスタジオで制作している中、メンバー達のことをあまり気にかけず、一人で編み物をしたり、新聞を読んでいるヨーコの姿が窺える。

 ヨーコはエンタメニュースサイトUproxxに「『Get Back』によって、オノ・ヨーコがバンドを解散させたという噂が払拭されたとビートルズのファンたちは考えている。ピーター・ジャクソンもそれに同意」との見出しの記事を投稿。更にツイッターにこう綴っている。「私たちのポジティブな意識とその結果生まれる内なる平和こそが、この世界を癒す唯一の要素です。今こそ私たちは内なる平和に焦点を当て、全ての悩みをポジティブな考えに変換する時です」

 一方、ポール・マッカートニーは以前、ヨーコの存在が同バンドの解散に繋がったとは思わないと話していた。「彼女は押しつけがましかったし、レコーディングのセッションの際もそこに座っていたよ。そんなことは、それまで誰もしなかったからね。でも振り返ってみて『あいつ(ジョン)は彼女に完全に恋に落ちていたんだ。そのことに敬意を払わないと』って思ったよ。実際僕らはそうした。僕は今でもそうだ」

 そして、メンバー全員が同バンドを離れ前進する時だと感じていたとして、「ジョンがこう言ったんだ、『僕はバンドを離れる』って。あの頃彼の人生はそういう段階にあった。僕ら全員がそうだったのさ」と続けていた。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)