元祖お騒がせセレブで歌手のリンジー・ローハン(35)が、およそ2年間にわたって交際していたクレディ・スイスで働く金融マンのベイダー・シャマスと婚約した。昨年2月、ドバイで開かれた音楽フェスティバルのバックステージで、妹のアリアナとバスティルのメンバーと一緒にいるところをベイダーと共に写真に撮られたことがきっかけで、交際を公にしていたリンジーだが、先日プロポーズされていたことを自ら報告した。

 婚約指輪を付けた姿の写真にリンジーは「私の愛。私の人生。私の家族。私の未来」とベイダーをタグ付けして投稿している。

 ベイダーとの交際を公にした際、「妹と私のボーイフレンドとの夢のような夜」と書いていたリンジーだが、その後になって、2人は交際を始めてすでにしばらく経っていることが明らかになっていた。

 そして関係者も、2人が真剣交際を続けているため、結婚の話が出るのもそう遠くないだろうとして、「リンジーとベイダーの絆は強まるばかりです。付き合ってもう2年ほど経ちますしね」「彼はまっとうな人です。俳優でもありませんし、芸能界の人でもありません」「結婚も時間の問題でしょう」と話していた。

 2016年にはロシアの富豪の御曹司であるエゴール・タラバソフと婚約まで至ったリンジーだが、その4カ月後に破局を迎えていた。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)