タレントの有吉弘行が15日、レギュラーを務めるJFN系のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜、後8・00)に生出演。11日に61歳で死去したお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんを涙声でしのび、出席した通夜・葬儀の様子も明かした。

 上島さんの葬儀は14日、密葬の形で営まれた。有吉は「家族葬でやろうって決めたんだけど、やっぱりみんな『オレも家族だ』って、いっぱい来るんだよね。そりゃ、会いたいよね。あんな人だから。大変だったよ」と、思わぬ〝大家族〟葬を明かした。

 その上で「みんなすごい泣いていたけど、『ありがとう』ばっかりだった。各所で『ありがとう』って言っていて。よくありがとうって言う人だったから…。本当にみんなからも感謝されていて、オレもありがとうしかなかったね」と振り返った。

 葬儀の一幕として「肥後(克広)さんが元気にずっと頑張っててさ。出川(哲朗)さんが最後、顔見て泣いている時も『キスした方がいいんじゃないか?』って。それで、出川さんが『ご時世的にまずいでしょう』って(笑)。『竜ちゃん、コロナ陰性だったから大丈夫だよ』って」と、ダチョウ倶楽部のメンバーらの様子も説明。「肥後さん、ジモンさん、奥さんの(広川)ひかるさんが一番つらいんだけど、3人がみんなに声かけてくれて、笑えるようにしてくれて、元気にやってくれていてありがたかった」と感謝を述べた。

 また、上島さんの形見についても言及。「竜さんの着けてた帽子とかグラスとか、そこに俺があげた時計を大事に飾ってくれてて…。ひかるさんが、すごい『有吉にもらったんだって言って、毎日この時計着けて、毎日きれいにして、枕元に置いて片付けてた』って。だから本当に…良かったなと思って」と感に堪えない様子だった。

 さらに、上島さんが「去年はちょっとプレゼントできなかったから、今年は有吉に、時計のお礼に、そろそろコロナも収まってきたから、有吉の誕生日に、一緒に酒飲めるグラス買ってプレゼントして、久々に酒飲みたいって思ってるんだけど、有吉に怒られるから、もっと高いプレゼント返した方がいいのかな」と話していたことも聞いたといい、「欲しかったなあ…。もらってから死んでればなって。欲しかったなあ…。高いグラスか高い時計か欲しかったけどな。せめてプレゼント渡してから死んで欲しかった」と、ジョークを交えて大笑いしながら「でも、その気持ちだけでもありたいし、本当、ありがとう」としみじみ語った。

(よろず〜ニュース編集部)