アクリルスタンドやトレーディングカードなど推しのグッズを飾り、”神”としてあがめる「推しを祀る神棚」の画像がツイッター上で拡散され、話題になった。商品を企画した株式会社ドリームズの担当者は「後光がさしたように見えるのがポイント」とオーロラ色に光り輝く新作に自信を見せている。

 今年2月に発売された「推しを祀る神棚」は、木製の台を「神棚」に見立て、中央にフィギュアやアクリルスタンド、カードなどを飾って楽しむ推し活雑貨。アニメやアイドルのファンは、推しを神格化するあまりグッズを飾った部屋の一角を「神棚」や「祭壇」と呼ぶことがあり、その”信仰心”が雑貨として具現化されたかたちだ。赤や青など”推しカラー”に合わせた8色を展開し、これまで約3万個を販売してきた。

 自身も推しを持つ企画担当者は「グッズ棚に神棚を置いたら面白いんじゃないかと思った」と、制作のきっかけを語った。「スマホゲームのガチャを回す時に、欲しいキャラクターが出るように願いを込めるパワースポットにしたり、チケットの当選祈願をしたり」と多様な使い方があるという。

 SNSで注目を集めたオーロラ色の新商品「推しを祀る神棚 アクリル(Aurora)」は6月16日に発売予定。シリーズ初の透明なアクリル製で、角度によって色が変化するため多様な”推しカラー”に対応できるという。担当者は「推しを飾るとひときわ輝きが増す。後光がさしたように見えるのがポイント」と自信作に胸を張っていた。23日には500円玉を5万円分貯金できる「推しの賽(さい)銭箱」も発売予定。

(よろず〜ニュース・今井 佳奈)