歌手の故デヴィッド・ボウイさんのバービー人形が制作された。アルバム『ハンキー・ドリー』の50周年を記念して、『火星の生活』のMVのボウイの格好と同じ、赤のマレットヘア、パウダーブルーのスーツ、プラットフォーム・ローファーを履いたバービーとなっている。ブルーのアイシャドウなど、ボウイの70年代を代表するスタイルに包まれた人形にはスタンドと証明書が付属。

 マテル社のデザインマネージャー、リンダ・キョウ・マーション氏はこう語る。「バービーでありつつボウイであるようにしたかったのです。完全なボウイではありません。彼のエッセンスをできる限り取り入れました。バランスが大事です。大変でしたが、実際に人形を取って見てもらえればわかると思います」

 そんなボウイの人形を同社は2019年にも制作、そちらは『ジギー・スターダスト』時代のものとなっていてこう説明されていた。

 「2つのポップアイコンの完全なる祝福。バービーが究極のポップカメレオン、イギリス人シンガーソングライターで俳優のデヴィッド・ボウイに敬意を示します。彼のドラマティックな音楽的変容は影響を与え、インスパイアし続けています」「コレクション的価値を持ったバービー人形は、ロックンロールを再定義した音楽の天才の文化遺産を称えます」

(BANG Media International/よろず〜ニュース)