ミュージシャンのシェイン・マガウアンが、72歳で他界した「ザ・ポーグス」のベーシスト、ダリル・ハントへの追悼の意を表している。8日にロンドンでダリルが死去したという悲しいニュースが流れた翌日、バンドのボーカルであるシェインが「素晴らしい友人」を偲んだ。

 「ダリルが亡くなったのはとても残念だ。彼は本当に良い奴で、素晴らしい友人で、すごいベーシストだった」「ダリルがいなくなってみんな寂しいよ。彼が永遠の至福の幸せな状態にあり、彼の家族と友人に祝福がありますように」とシェインはツイッターに綴っている。

 また同バンドのスパイダー・ステイシーも「やるせない気持ちだよ。また会おう、ダズ」と言葉を寄せている。

 ダリルの訃報は、ザ・ポーグスのソーシャルメディア上で明らかにされ、ギターケースを持ったダリルのモノクロ写真を掲載した投稿の最後には、映画『P.S. アイ・ラブ・ユー』に登場したダリル作曲の『ラブ・ユー・ティル・ジ・エンド』の歌詞が添えられ、こう書かれている。「言葉では言い表せないほど悲しい気持ちです。僕らのダリルは昨日の午後ロンドンで亡くなりました」「ダリル・ガトウィック・ハント 1950年04月05日〜2022年08月08日」「僕らが息をのむのを聞きたいんだろう?君を最後まで愛しているよ」

 ダリルは1986年にザ・ポーグスに参加。それ以前はプラメット・エアラインズやザ・フェイバリッツなどのさまざまなバンドで演奏していた。ザ・ポーグスとの最初のアルバムは1988年の『堕ちた天使』で、代表作となるクリスマス・ソング『ニューヨークの夢』も収録されている。ダリルは1996年の最後の『ポーグ・マホーン』まですべてのアルバムに参加。『リヴィング・イン・ア・ワールド・ウィズアウト・ハー』『ビッグ・シティ』『モダン・ワールド』などを作曲している。

 2002年にシェイン、スパイダー、フィリップ・シェヴロン、ジェイムズ・ファーンリー、アンドリュー・ランケン、ジェム・ファイナーと再結成したが、2014年にバンドは再び正式に解散した。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)