2・5次元舞台などを中心に活躍する俳優・青木空夢(あおき・そらむ)が30日、自身の公式ツイッターを更新。俳優業を引退し、フィットネスタレントに転身することを発表した。

 青木はツイッターに【今後についてのご報告】と題して文書を投稿。「長い間何も発信せず心配をおかけした皆様、そして不安にさせてしまった皆様申し訳ございませんでした。事務所の方々と相談し、俳優業を一旦休み自分がやりたいことを見つめ直す期間をいただいていました」と、昨春から一時活動を休止していたことを謝罪した。

 その上で「私、青木空夢は俳優業からフィットネスタレント・モデル業に転向を致します」と発表。その経緯として「俳優業を休むと決めたときに事務所の方から体を鍛えてみたら?と提案を頂きパーソナルトレーナー業に興味を持ちました」とし、パーソナルトレーナーの資格を取得したことも明かした。

 芸能界からの完全引退も考えたというが、「より多くの人に見てもらいたいという思いや誰かに影響を与えたいという願望、そして周りからの後押しもあり芸能はタレント・モデルとして携わっていきたいと決めました」と説明。俳優業を引退する理由としては「僕の持つエネルギーをボディメイクやフィットネス業界に注ぎたいから」とした。

 青木は2013年、Mr.MEIJIGAKUINコンテストに出場して注目を集め、2014年には舞台「東京ZOOM」に出演。ミュージカル「テニスの王子様3rdシーズン」の橘桔平役、ドラマ「弱虫ペダル」の泉田塔一郎役など、〝2・5次元〟作品を中心に人気を誇った。

(よろず〜ニュース編集部)