役者として、再び精力的に活動している俳優のソ・ジソブ。

 4年ぶりとなるドラマ復帰作、MBC「ドクター弁護士」をはじめ、今夏公開となった映画「宇宙+人 1部」、そして公開を控えている映画「自白」と、ベテランらしい多彩な活躍を披露した。

 韓国メディアは、彼の活躍を「結婚後・初」といったワードを付けて紹介。

 実際、ソ・ジソブは2020年4月に、元アナウンサーのチョ・ウンジョンさんとの結婚を発表。ドラマや映画の現場復帰を前に〝結婚ブランク〟があったことは事実だ。

 このような報道が多く見られるせいか、大衆の興味は再び彼の妻へと向いている。

 ソ・ジソブは17歳年下のチョ・ウンジョンさんと縁を結び、晴れて夫婦となった。

 2人が結ばれるきっかけとなったのは、ソ・ジソブとソン・イェジンが共演した映画「Be With You 〜いま、会いにゆきます(2018)」。

 公開当時、映画のPRのためにSBS芸能番組「本格芸能真夜中」に出演したソ・ジソブとソン・イェジン。ここにインタビュアーとして登場したのが、レポーターとして活躍中のチョ・ウンジョンさん‥そう、ソ・ジソブの妻となった人物だ。

 当時の映像を振り返ると、ソ・ジソブは芸歴24年を誇るベテラン俳優とは思えないほど、緊張した様子を見せていた。

 これまで多くの作品に出演し、その度にこのようなインタビューに対応してきたベテラン俳優であるはずのソ・ジソブが、インタビュアーを見られず、隣に座ったソン・イェジンにも視線を送らないという、ただごとではない行動をとっていた。

 当時、「隣にソン・イェジンがいるのに‥」といった、ソン・イェジン屈辱のジョークが誕生するほど、番組中のソ・ジソブはチョ・ウンジョンアナウンサーにメロメロだったよう。

 該当番組での出会いをきっかけに縁を結んだ2人は、それ以来、連絡をし合いながら恋人として関係が発展。愛を育んだ末、2020年に結婚へと至った。

 ソ・ジソブの妻となったチョ・ウンジョンさんは、1994年生まれの28歳(日本年齢)。

 梨花(イファ)女子大学で韓国舞踊学科を専攻し、2014年にゲーム専門チャンネルを通じてアナウンサーデビュー。2016年から2018年6月末までSBS「本格芸能真夜中」でレポーターとして活躍していた。

 ソ・ジソブとの公開恋愛後、2018年6月26日の放送を最後に『本格芸能真夜中』を卒業。その後、芸能界での活動を見せておらず、事実上、引退したものと見られている。

 今回、ソ・ジソブの盛んな活動をきっかけに、2人の出会いから結婚までの"愛の誕生劇”と妻の正体、そして、その場にいたソン・イェジンまでもが再び注目を集めてしまった。(構成:星野沙)

(Danmee/よろず〜ニュース)