シャーリーズ・セロンは女優を始めたばかりの頃、衣装を決める権利がなかったという。俳優業を始めた当初は現場での発言権がなく「映画の中でセクシーに見える」衣装を着るように言われ、セクシュアリティや女性らしさを搾取され「見くびられている」と感じていたそうだ。

 ハーパーズ・バザー誌のインタビューでシャーリーズはこう話す。「男性の面前で衣装合わせをさせられたことは、すごく軽く扱われている気がした」「最初は 特に会話することもなく『これが今日の服よ』っていう感じだった」

 またあるプロジェクトに参加した際、名前は明かさなかったものの男性監督から「次から次へと衣装合わせ」をさせられたそうで、「それは私のセクシュアリティのことで映画の中で、私をいかにセクシーに見せられるかということは明らかだった。駆け出しの頃はそれが普通だった」と続けた。初期の出演作には『スティーブン・キング/アーバン・ハーベスト』や、大胆なヌードとラブシーンを披露して話題となった『2days トゥー・デイズ』、主人公のガールフレンドを演じた『すべてをあなたに』、『Mr.ダマー2 1/2』などがある。

 その後テイラー・ハックフォード監督のホラー映画『ディアボロス/悪魔の扉』(1997年)で、キアヌ・リーヴスやアル・パチーノと共演しブレイクを果たしたシャーリーズは、パティ・ジェンキンス監督の映画『モンスター』(2004年)で実在の連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞している。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)