ジェイ・レノ(72)が、パトカーと衝突していた。米人気司会者で車のコレクターとしても知られるジェイは先日、ガレージ内で車1台が炎上したことにより顔、胸、手に重度の火傷を負い入院。火傷治療センターから退院した6日後の27日の夜に衝突事故が起こった。

 28日に公開された映像では、カリフォルニア州ハモサビーチのコメディ・アンド・マジック・クラブに妻のメイヴィスとともに乗り込んだジェイのテスラ車の右後輪タイヤが、大勢のファンの前で警察のジープに接触。車から出たジェイに対して警察は「大丈夫です」と話している様子が映っていた。

 その後ジェイは、「ああ、エレファントマンが来たよ。まだステージには立っていない、退院したばかりなんだ」「いや、今夜は2公演あるんだ。レギュラー公演と格別にクリスピーな公演さ!自分がローストもののコメディをするとは思ったこともなかったよ」と、周囲のファンや報道陣にジョークを飛ばしていた。

 同コメディクラブのスタッフは、「おかえりジェイ」「愛している」というボードを掲げて退院したジェイの復帰を歓迎、舞台では主に自虐的なジョークが語られていたそうだ。ジェイはほぼ毎週、同クラブでスタンダップ・コメディの舞台チェックを行っているという。

 今月初め、ジェイは1907年代のクラシックカーの修理中にⅡ度からⅢ度の深い火傷を負い、皮膚移植の手術を受けていた。10日間入院後、先週退院し「順調」であると報告していた。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)