英王室のキャサリン妃(42)が、がんと診断されて「予防的」な化学療法を受けていることを22日、公表した。1月に腹部の手術を受けて以来、その体調が心配されていたキャサリン妃がビデオメッセージで自ら説明した。

 映像の中、キャサリン妃は寄せられているお見舞いのメッセージやサポートに感謝の意を表したうえで、ウィリアム皇太子(41)、ジョージ王子(10)、シャーロット王女(8)、ルイ王子(5)ら家族にとって「とても困難」な時期を過ごしいると告白。がんと診断されるまでの経緯についてこう明かした。「1月、私はロンドンで腹部の手術を受けました。その時点では、がんではないと考えられていました。手術は成功しました。しかしながら、術後の検査によってがんであることが判明したのです」

 そして「大きなショックを受けた」と明かす一方で、幼い子供たちのため、内密に対応できるようウィリアム皇太子とできる限りを尽くしたと続け、治療を完了するまでの間、一家のプライバシーへの配慮を求めた。

 先月にはチャールズ国王もがんを公表しており、現在治療を受けている。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)