酒を飲めない妊婦も酒席の雰囲気を楽しめるバー「ニンプバー by MOCKTERIA」が1日、兵庫県神戸市のノンアルコールバー「MOCKTERIA」内に期間限定でオープンする(15日まで)。

 「QBB ベビーチーズ」で知られる六甲バター株式会社の妊婦応援プロジェクト「QBB ベビーチーズ for mom」の一環で、妊娠中に長期間、酒が飲めないことや、酒を片手に知人と話す機会がなくなることがつらいという声を受け、企画された。予約優先制で、妊婦とそのパートナーや友人が入店できる〝妊婦専用〟のバーとなっている。

 妊娠中でも非日常感を味わえるリフレッシュの場をコンセプトに、助産師監修のもと妊婦の体調に配慮しながらも本格的なメニューを提供する。3種のオリジナルドリンクは「MOCKTERIA」の人気ノンアルメニューを妊婦用にアレンジしたもの。通常メニューでは香辛料を使用する白桃のモクテル(ノンアルコールカクテル)には、刺激物やにおいに敏感な妊婦に配慮し「すだち」を代用した。とうもろこしのモクテルには、通常メニューで使用するナチュラルチーズを入れず、牛乳やとうもろこしピューレで十分なまろやかさを表現した。

 開催発表後、バーならではの背もたれや肘掛けのない座面が高いイスに不安を感じるとのネット上の反響に応え、妊婦も座りやすい背もたれ付きのイスを急きょ設置。店内の明るさの調整や出入り口やトイレのドアに「段差に注意」の張り紙をするなど、妊婦が過ごしやすい環境を作った。

 21年6月に始動した「QBB ベビーチーズ for mom」にとって初のリアルイベント。オープン前にもかかわらず13組30名以上の予約が入るほど注目を集めている。六甲バターの企画担当者は「妊娠中のしんどかった記憶だけでなく、楽しかった記憶があるほうが、子どもが生まれた時にもファミリーでハッピーだと思う」と話していた。

(よろず〜ニュース・今井 佳奈)