8月6日(日)、超新星のソンジェ主演映画『Guest House』トークイベント付き上映会が行われ、ソンジェ、ちすん、武田裕光の3人の出演者が登壇しました。
20170807231306-bc5f54712417e5a5a40b140554e597644706f2cc.jpg
映画『Guest House』は、韓国・江凌を舞台に、俳優の夢を諦めきれないジョンウ(ソンジェ)が、姉の営むゲストハウスにやってきたカーリング元日本代表選手のヒロコ(ちすん)と心を通わせていくハートフルストーリー。
スーツ姿で登場したソンジェが「ステージでの着飾った姿と違う、ナチュラルな私の姿を見られます」と映画の見どころを語りながら、自分の姿を見て「今ちょっと歌手みたいな感じですね」と口にすると、会場は爆笑。ちすんはソンジェと歌った歌を見どころにあげ、「僭越ながらデュエットさせていただきました。こいつなんやねんと思う方もいるかもしれませんが、温かい気持ちで見ていただけたら」と。武田裕光は、ラストでソンジェがカーリングの話をするシーンについて「あのセリフを考えたのは僕なんですよ」と告白すると、会場から驚きの声が上がりました。

20170807231048-f70c2a62bbff1ed82b179c6f63a9a7ffb83d817a.jpg
また、ソンウの"ジョンウ"という役名について、ソンジェの好きな俳優ハン・ジョンウさんから命名したという裏話も。一度は役名が"ソンジェ"になりかけたものの、ソンジェが監督に「イヤです」と言ったところ、「ジョンウという役名になってうれしかった」とソンジェ。小学校から仲のいい親友の名前も、初めて芝居した時の兄役の名前も"ジョンウ"だったと、韓国でもそんなに多くない"ジョンウ"という名前との縁を感じていました。
20170807231139-962c112c5fc01bd356560f0d3cd120fe866f3753.jpg
ファンの方からの質問タイムでは、クライマックスでソウルにいたジョンウがヒロコの元へ駆けつけるシーンで「あれは俳優の仕事を捨てたってことですか?」との質問が。ソンジェはシーンに込めた思いを解説しながら、「あれから戻って、現在、撮影中です!」と映画の後日談を創作し、ファンのみなさんを笑わせました。また、12月にも関わらず薄着での撮影だったため「防寒対策は?」との質問も。寒がりだというソンジェは、ホッカイロをたくさん貼って臨み、さらにマネージャーやスタッフが常に暖のとれるものや温かい飲み物を用意してくれたそうで「温かい気持ちで撮影できました」と感謝。そして最後に本作の劇場公開決定といううれしいお知らせを発表すると、会場からは歓喜の声が上がりました。12月23日(土)シネマート新宿・シネマート心斎橋にて上映の他、全国順次ロードショー。詳細は映画『Guest House』公式HPで随時情報公開!
20170807231220-7f1d5406228c3b13f7a45bea47d502b5b9c6c834.jpg

【超新星】【ソンジェ】【ちすん】【武田裕光】