京都三大祭りの一つ、葵(あおい)祭が始まり、平安装束をまとった行列が都大路を練り歩いています。

 15日午前10時半ごろ、フタバアオイの葉を飾った、色鮮やかな平安装束に身を包んだ約500人の行列が京都御所を出発しました。

 葵祭は、祇園祭・時代祭と並ぶ京都三大祭りの一つで、約1400年前、凶作や疫病を鎮め、五穀豊穣(ほうじょう)を祈ったのが始まりとされ、紫式部の源氏物語にも取り上げられるなど歴史ある祭りです。

 葵祭のヒロイン・斎王代を務める会社員の松浦璋子さん(22)は、十二単(ひとえ)に身を包み、腰輿(およよ)と呼ばれる輿(こし)に乗って、行列の最後を進みます。

 この後、行列は下鴨神社を経て、上賀茂神社までの約8キロの道のりを練り歩きます。