大好きだったあの人も今となっては“元カレ”。
 
一緒に撮った写真やお揃いのアクセサリーなど、思い出の品って皆どうしてる?全部捨てちゃう?それとも、大切にとっておく?
20〜30代の女性に聞いてみました。
 
■元カレとの思い出の品、約8割が“基本的に処分”
 
断トツの1位は「基本的には処分するが、使えるものはとっておく」という人(39%)。続く2位は「別れたときに全部処分する」(21%)、3位は「基本的には処分するが、売れるものは売ってしまう」(8%)と「新恋人ができたら全部処分する」(8%)が同率という結果。使える、売れるという理由で手元に残しているパターンを含むものの、1〜3位までの約8割の人が元カレとのものは“基本的に処分する”というスタンスであることがわかりました。理由は?
 
■思い出は不要!でも、高価なものは捨てません
 
●「別れた人との思い出はいらない」(32歳)
●「思い入れの強いペアリングや恋人っぽい写真は処分。でも、物は物だと割り切って使う」(29歳)
●「写真や手紙は即処分。売れそうな指輪や家電は現金化して今カレとの結婚資金に」(29歳)
●「高価なものや便利なものは使う。でも、使うときに相手を思い出すことはない」(35歳)
 
別れた恋人に未練を感じさせるコメントは皆無。物に罪はないし、気に入って使っているから〜など、サバサバした声が目立ちました。そこで、元カレとの思い出の品にまつわるエピソードも聞いてみると…
 
■未練ゼロ!?思い出の品にまつわるエピソード
 
●「別れたその日に全て処分。でも、冷静になって考えたら質屋に売ればよかったと後悔」(27歳)
●「元カレの写真を見つけたとき、今カレの誠実さと比べて『本当に別れて良かった』と幸せ度が増した」(37歳)
●「もらったプレゼントをフリマサイトで売ったら高値がつき、おいしいものを食べに行ってスッキリ♪」(31歳)
●「元カレにもらった圧力鍋が今カレのご飯作りに大活躍」(29歳)
 
こちらも別れた相手のことなど気にする気配はなし。思い出の品も、別れた瞬間に“ただの物”となるようですね。ちなみに、「彼氏または夫が持っていたら嫌だと思う“元カノ”との思い出の品は?」という質問もしてみると、TOP5は次の結果に。
 
■彼が持っていたら嫌な元カノグッズ、1位は「写真」
 
1位:写真(67%)
2位:彼女とやりとりしたメールや写メなどのデータ(53%)
3位:手紙(50%)
4位:アクセサリー類(28%)
5位:衣類(19%)
 
写真やメール類には半数以上の人がNG。「何のためにとってあるのか分からない」(22歳)、「未練があるのかと心配」(22歳)、「捨てられない理由ってあるの?」(33歳)と、不快感をあらわにする声が多数上がりました。確かに実用品じゃないものってかえって嫌かも。男性の皆さんは深い意味はなく「ただ捨てていない」という人も多そうだけど、物によっては処分した方が身のためなのかも!
 
 
【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2017/4/21〜5/9
有効回答数:170人(女性)
 
 
記事提供/『セキララ★ゼクシィ』