結婚するときにきちんと話し合っておきたいのが家計の管理をどうするか…ということ。
相手次第というところもあると思いますが、独身の皆さんはどう考えているのでしょうか?
 
アンケートで男女それぞれの希望について聞いてみました。
 
■女性は「妻が管理」、男性は「別財布」希望が多数派!
 
20〜30代の男女に「結婚後の家計はどのようにしたいと思いますか?」と聞いてみたところ、以下のような結果に!
 
<女性>
1位:家計は妻が管理し、夫にお小遣いを渡す(52%)
2位:夫婦別財布(32%)
3位:家計は夫が管理し、妻に生活費+お小遣いを渡す(10%)
 
<男性>
1位:夫婦別財布(60%)
2位:家計は妻が管理し、夫にお小遣いを渡す(19%)
3位:家計は夫が管理し、妻に生活費+お小遣いを渡す(9%)
 
女性は「妻が管理」、男性は「別財布」を希望する人が半数以上を占め1位でした。男女でこのように希望が分かれたのは興味深いですね!それぞれこのように考える理由についても聞いてみました。
 
■家計を握りたい女性に対し、自由にお金を使いたい男性
 
まず、女性が「妻が管理」を希望する理由を見てみると…
 
●「私が家計簿などで家計管理するのが好きなので。初めにしっかり家計を握らないと、後で変更しにくくなると思うから」(28歳・女性)
●「日常の買い物(食品、生活雑貨)をするのは妻が多いので、妻が家計を把握して管理した方がいいと思うから」(30歳・女性)
●「男の人がお金を持つと、ろくなことがない…」(27歳)
 
とのこと。特に目立った「妻が家の買い物をすることが多いと思うから」との理由は確かに理にかなっているようで納得です。
 
一方、男性はどうして「別財布」派を希望する人が多いのでしょう。その理由とは?
 
●「その方が平等な立場にいられると思う」(29歳・男性)
●「子どもが生まれるまでは恋人の延長線上でいいと思う」(36歳・男性)
●「そうしないと自分の頑張りが生活に反映できず、モチベーションが上がらないから」(27歳・男性)
 
どうやら、どちらかが管理する・されるよりも対等でいたい、自分で稼いだ分はある程度自由に使いたいという人が多いようですね。ただ、それも期間限定で「子どもができるまで」と考えている人もいるようです。
 
結婚後の家計管理について男女で考え方が大きく分かれる結果になりました。結婚したら「子どもができたら」「家を買うなら」などお金に関する話は必要不可欠。お互いの希望を主張しつつ、結婚が決まったらしっかりと話し合っておくことが大切かもしれませんね。
 
 
【データ出典】
・ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2017/5/9〜5/26
有効回答数:189人(女性)
 
・あなたご自身に関するアンケート 2017/4/14〜4/16実施
(インターネットによる20〜30代男女へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)
有効回答数:309人(男性)
 
 
記事提供/『セキララ★ゼクシィ』