「最近、様子がおかしい……」と、彼の浮気が気になったことありませんか? 気のせいと思いたくても、事実が積み重なってくると不安でいっぱいになります。できればあってほしくない浮気。おおっぴらに話せないことだからこそ、プロの力を借りる方も多いようです。相手が本当に浮気しているのかどうか、真実を知りたい人たちをサポートするのが探偵会社です。今回は大手探偵会社の一つ、株式会社原一 広報企画部 平木さんに最新浮気調査事情について伺いました。
 

 
■浮気調査の依頼者で最も多いのは、35歳〜45歳の既婚女性
 
どのような方が浮気調査の依頼に来られるのですか?
 
「浮気調査を依頼する方は女性が多いですね。現在女性が65%、男性が35%くらいの割合ですが、男性の依頼は増加傾向にあります。世代でいうと、最も多いのは35歳〜45歳の既婚女性です。浮気調査は既婚者からの依頼が主となっておりますが『結婚前調査』として、恋人(婚約者)同士を調査することもあります。この場合は、依頼者がどちらかの両親ということも多いです」
 
■探偵は尾行や張り込み、聞き込みなどで、顔が見える写真・動画を狙う!
 
費用はどのくらいかかりますか?
 
「弊社の浮気調査の平均として費用は1日20万円程度ですが、対象者が動きを見せない場合もあり、裁判に使える決定的な証拠をとるために4日前後の調査を行うことが多いです。なので、平均すると80万〜90万円(お見積り時に出した金額以上の請求は一切ありません)となります。浮気調査は1件当たり3人程度のチームで動くことが多いですね。短い日数で証拠がつかめるケースもあれば、いくらかかってもいいのでとことん証拠を追及したいというご依頼もあります。一般的な流れとしては、まず依頼者からお電話でご相談があり、その後ご来社いただき詳しい内容を伺い、調査内容とお見積りをご提示します。
 
依頼者に内容と費用をご納得いただいたら、調査に着手します。尾行(車、バイク、自転車、徒歩)、張り込みや聞き込みなどの人海戦術を中心に、どんな条件の場所でも確実に顔が見える形で証拠の写真・動画を撮ります。照明のない公園や、真っ暗な車内をはじめ、ホテルの出入り口などでも確実に撮影します。調査が終了したら、依頼者様に報告書と動画を使って結果をご報告します。浮気の証拠が明らかになった場合、依頼者の必要に応じて弁護士や離婚カウンセラー、夫婦カウンセラーなどの提携機関をご紹介しています」
 

 
浮気調査の結果とその後はどうなるのでしょうか?
 
■浮気調査のなんと9割はクロ!
 
「弊社にご依頼いただいたうちの9割は、浮気の証拠がとれます。浮気調査の主な証拠は写真、動画となります。こちらに時系列の動きを加えたものが、調査報告書となります。浮気が明らかになった場合、その後離婚や裁判に移行する方もいらっしゃいます。そのため報告書は、裁判でも有効な顔や行動がはっきりとわかるかなりレベルの高いものを提出しております。
 
浮気の証拠を見せられた依頼者で、お相手との関係を再構築される方は6〜7割程度です。浮気が明らかになっても、即離婚というわけではないようです。お相手とは離婚せず、浮気相手に慰謝料請求という方もいます。ご相談にいらしたときは離婚前提でも、報告書を見て再構築を選ぶ方もいらっしゃいます」
 
■スマホには、浮気の証拠が詰まっている!?
 
「ここ近年はお相手のスマホやLINEから、ある程度浮気の動きをつかんでから相談に来る方も多いです。急に肌身離さずスマホを持ち歩くようになったり、スマホばかり気にするようになったりして、浮気に気付くケースは多いですね。パートナーの浮気を怪しんだ方が、こっそりとお相手に気付かれないようにLINEを見て、浮気を確信することも多いようです。中には、相手が寝ている隙に指紋認証でスマホを開けたという話も聞いたことがあります。こうした意味では、スマホは証拠の宝庫です。
 
またカーナビやドライブレコーダーからも、浮気が発覚することがあるようです。以前はカーナビの検索履歴や走行履歴から浮気を怪しむ方もいましたが、最近はドライブレコーダーで車内や車外、音声を録画できるので、それをチェックして浮気を確信したという事例もあります。とはいえ、レコーダーでは顔などがしっかり映っていないことも多く、それが証拠として有効かどうかはまた別な話となります。
 

 
最近では、著名人の不倫騒動により、一般の方も不倫に対する知識が増えているようです。そのせいか自分で証拠をつかもうとするあまり相手のガードが固くなり、浮気は確実なのに証拠がつかめないと相談に来る方もいらっしゃいます。
ついつい自分で証拠を見つけようとしてしまうお気持ちはお察しいたしますが、お相手の証拠隠滅を促してしまうのは本末転倒です。浮気で悩んでいる方は、誰にも相談できずにつらい思いをしていることが多いと思うので、ぜひ相談してほしいです」
 
やはり、自分で証拠を見つけるのは限界がありそうですね。また、浮気が明らかになったからといって、すぐ離婚というわけではない方が半数以上なのは驚きです。確かに結婚生活が長かったり、お子さんがいたりする場合、離婚は深刻なようです。
それにしても興味深いのが、時代によって浮気が発覚するシーンが変わってくるということです。スマホやLINE、ドライブレコーダーなどの便利な道具は、浮気が発覚するきっかけにもなるんですね。
浮気はショックで悲しく、好ましくないことではありますが、いつの時代でも起こるもの。人間の心の複雑さを表しているのかもしれません。一人で悩んでどうしようもなくなるくらいなら、プロに相談して解決するということも一つの方法ですね。
 
 
【取材協力】
株式会社 原一 広報企画部 平木麻美(ひらき・あさみ)さん
原一探偵事務所・広報担当。浮気メンターとして、不倫や浮気に関して役立つ事例や解決法を広く知ってもらうために日々奮闘中。探偵が浮気だけではなく、家出や子ども・老人の見守りなど生活全域のサポートができることを多くの人に伝えるのを使命と考え活動している。
 

 
記事提供/『セキララ★ゼクシィ』