2024/2/11 18:36

『2時間で99万円』覚えのない請求に、楽しかった海外旅行が地獄の展開「そういえば息子が…」

お金

「今月の請求が高額になる見込みです」

ハンガリー旅行から無事に帰国し1週間が経った頃、契約している電話会社からメールを受信したシンガポールに暮らすリンさん。

リンさんはすぐに電話会社に連絡し説明を求めるも、「確定した請求書が届いてから再度お問い合わせください」と言われてしまった。

数日が経ち、届いた請求書を見たリンさんは驚愕。

なんとその額「8,944シンガポールドル(約99万円)」!

楽しかったはずの海外への家族旅行が一転、地獄の展開へ。
再びカスタマーサービスに尋ねたが、オペレーターたちも「理由は私たちには分からない」というばかりで、問題解決には至らなかったそう。

電話会社による調査の結果、携帯電話の国際データローミング機能がオンになっており、トルコに滞在していた2時間もの間、ずっとそれが働いていたことが判明。

そういえば……。

途中、飛行機の乗り換えのために2時間ほどトルコの空港に滞在。
その時、息子が携帯電話をいじっていた……。

しかし突然の事態に驚いたリンさん親子のため、電話会社は善意で請求額を500シンガポールドル(約5万5,000円)に減額してくれたそう。

リンさんは「どれほどのデータローミングを使用したかは分かりませんが、500ドルの請求なら、まだ許容範囲だと思います」とメディアに話している。

また電話会社は「このような事態を避けるためにも、ローミングパッケージのプランに加入することをお勧めしています」と注意を呼び掛けた。

世間からは「完全に親子の不注意だろ」「2時間で9,000ドルは高すぎる」と様々な声が上がっている。

海外旅行の際は、くれぐれもデータローミングの設定に注意していただきたい。

以上、Sirabeeからお届けしました。

海外旅行で息子が使用した携帯代が驚愕の99万円 電話会社が設定への注意喚起 – Sirabee海外旅行で息子が使用した携帯代が驚愕の99万円 電話会社が設定への注意喚起 – Sirabee

編集者:いまトピ編集部