長澤まさみ、全身黒のパンツスタイルに存在感たっぷりのファー 足元はフェミニン&セクシーに 映画「散歩する侵略者」初日舞台あいさつ2

 女優の長澤まさみさんが9月9日、東京都内で行われた映画「散歩する侵略者」(黒沢清監督)の初日舞台あいさつに登場した。光沢のある黒のノースリーブトップスに黒のパンツを合わせたブラックコーデで、ウエスト部分にあしらわれた毛足の長いファーが存在感たっぷり。足元はアッパー部分が緩やかにカーブした、ダークブルーのアンクルストラップ付きヒールサンダルで、フェミニンさとセクシーさを演出していた。

 「散歩する侵略者」は、劇作家の前川知大さんが主宰する劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化した作品。主人公の加瀬鳴海(長澤さん)の夫・真治(松田龍平さん)が数日間の行方不明の末に、別人のように優しくなって帰ってくる。毎日ぶらぶらと散歩をするばかりの真治に、鳴海が何をしているのか問い詰めると「地球を侵略しに来た」と告白する……というストーリー。この日は、松田さん、長谷川博己さん、高杉真宙さん、恒松祐里さん、黒沢監督も出席した。
続きを見る

この記事も一緒に見られています

ピックアップ

エンタメの新着動画

もっと見る

エンタメの人気ランキング

もっと見る

人気ランキング

もっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る