京都・千本釈迦堂、師走恒例の「大根だき」

 京都の千本釈迦堂では、炊いた大根を参拝者に振る舞う師走の恒例行事、「大根だき」が始まりました。
 「大根だき」は釈迦が悟りを開いたとされる12月8日にあわせ、大根に梵字を書いて食べると魔よけになるとして、鎌倉時代から振る舞われてきました。今では、この大根を食べると1年間、無病息災でいられるとして、恒例の行事になっています。境内には分厚く切られた炊きたての大根を味わおうと、寒空の下、大勢の参拝客が集まりました。

 「温まりますね。すごくおいしいです」(参拝者)
 「梵字が残っていたらラッキー。ご利益いっぱいもらってます」(参拝者)

 「大根だき」は1杯1000円で8日まで振る舞われます。(07日13:50)
続きを見る

この記事も一緒に見られています

ピックアップ

社会の新着動画

もっと見る

社会の人気ランキング

もっと見る

人気ランキング

もっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る