成田空港で冬の準備進む 除雪車両隊列公開

 成田空港では本格的な冬の到来を前に、積雪への準備が始まりました。成田空港整備地区では11日、滑走路の除雪作業を想定した除雪車両の編成走行が行われ、除雪車や凍結防止剤を散布する車など4種類の車両計18台が公開されました。

 成田空港会社の飯島久司航空運用部門長は「空港の安全、定時運行を守る私たちにとって越冬対策は重要な仕事」と除雪車両の編成の重要性を語りました。編成走行では実際の滑走路の除雪を想定した18台の除雪車両が大きな1つの隊列をつくり、無線で連絡を取り合って車両の間隔などを確かめながらゆっくりと走行しました。

 成田空港は12月15日から来年3月末までを雪氷対策期間とし、雪が降った際に空港運用の影響を最小限に抑えるために、迅速かつ確実に除雪できるよう準備を整えています。
続きを見る

この動画も一緒に見られています

この記事も一緒に見られています

ピックアップ

地域の新着動画

もっと見る

地域の人気ランキング

もっと見る

人気ランキング

もっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る