社会(4371/41051)

末期がん患者の最期を見つめ在宅医療の在り方を問う 死と向き合った映画

末期がん患者の最期を見つめ在宅医療の在り方を問う 死と向き合った映画

(AERA dot.) 02月22日 17:00

高橋伴明(たかはし・ばんめい)/1949年5月生まれ。奈良市出身。72年にピンク映画「婦女暴行脱走犯」で監督デビュー。75年に若松プロに参加。60本以上のピンク映画を監督。主な作品に「TATTOO[刺青]あり」(82年)、「愛の新世界」(94年)、「禅 ZEN」(08年)、「赤い玉、」(15年)など(撮影/写真部・張溢文)

続きを読む

新着写真ニュース