5割が退職 プレ・マタハラの実態

5割が「不妊退職」 女性教師が語る10年間のプレ・マタハラの実態

(AERA dot.) 07月18日 11:30

広田さん(仮名)は10年間の不妊治療の末、夫婦2人の生活を送っている(本人提供)

広田さん(仮名)は10年間の不妊治療の末、夫婦2人の生活を送っている(本人提供)

(AERA dot.)

 5.5組に1組の夫婦が受けたことがあるという不妊治療。しかし仕事との両立に悩み、働き方を変えざるを得なかった人が4割、そのうち約半数が「退職」に追い込まれているという現実が明らかになった。予定の立たない頻繁な通院、治療による体調不良……10年間に及ぶ不妊治療の末、職場の誰にも相談できずに退職した女性は、何を思っていたのか。マタハラNet創設者の小酒部さやかさんが、妊娠前に起きるプレ・マタハラの実態を取材した。

続きを読む

新着トピックス一覧

仕事術のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る