劇場育ち吉本芸人の「共感力」

新喜劇が"サボリーマン"を主役にしたワケ

(プレジデントオンライン) 09月13日 09:20

※写真はイメージです(写真=iStock.com/danr13)

※写真はイメージです(写真=iStock.com/danr13)

(プレジデントオンライン)

PRESIDENT Online 掲載

吉本新喜劇のおもしろさは、どこにあるのか。それは観客との共感だ。芸人たちは常に観客の反応を確認し、「共感ポイント」を探してネタに手を加える。そのためには場面設定も重要だ。吉本興業の元広報マンの竹中功氏は「お客さんが想像しやすいように、舞台を新聞社から喫茶店に変えたこともある。“生”の経験に勘を加えて、即座に行動を変化させるのが大事」と話す。吉本芸人から学ぶ、共感の技術とは――。 ※本稿は、竹中功『他人も自分も自然に動き出す 最高の「共感力」』(日本実業出版社)の一部を再編集したものです。

続きを読む

新着トピックス一覧

仕事術のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

OCNからのおすすめ

セキュリティ最新事情

おすすめセキュリティサービス

OCNニュース関連コンテンツ