「心が痛む漫画」描き続ける理由

「読む人の心が痛む」漫画を描く男の激情人生 人気作は「20年間の引きこもり」から生まれた

(東洋経済オンライン) 09月07日 06:00

「読む人の心が痛む」漫画を描く男の激情人生

「読む人の心が痛む」漫画を描く男の激情人生

(東洋経済オンライン)

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第9回。

『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』『キーチ!!』『宮本から君へ』など、新井英樹さん(53)の作品は、漫画愛好家の間で評価が高い。

続きを読む

新着トピックス一覧

仕事術のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る