gooニュースアプリなら速い、見やすい

「命削り我慢」も減収 憤る医師

3割の医師が減収 コロナ対応の有無問わず医療現場で「命を守る」が続かない

(AERA dot.) 2021/01/21 08:02

コロナ対応で多忙な医師がいる一方、多くは受診控えなどで患者が減っている(撮影/写真部・小黒冴夏)

コロナ対応で多忙な医師がいる一方、多くは受診控えなどで患者が減っている(撮影/写真部・小黒冴夏)

(AERA dot.)

 コロナ禍で医師の就労環境に変化が起きている。患者の受診控えによる病院経営の悪化、医師の収入の減少など課題は山積みだ。「医師と医学部」を特集したAERA 2021年1月25日号から。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る