原作を映像化 米国の契約事情は

「セクシー田中さん」問題はアメリカでは起こらないわけ 契約書は数十枚、完了までに半年〜1年

(AERA dot.) 2024/02/27 12:00

芦原妃名子さんの『セクシー田中さん』(撮影/写真映像部・和仁貢介)

芦原妃名子さんの『セクシー田中さん』(撮影/写真映像部・和仁貢介)

(AERA dot.)

小学館の雑誌に掲載された人気漫画「セクシー田中さん」の作者で漫画家の芦原妃名子さんが亡くなったことをめぐり、ドラマ制作側の日本テレビは2月26日の記者会見で、社内に設置した特別調査チームの調査を始めたと公表した。そして、ドラマ化の際に原作を改変することについての詳細な取り決めは、版元の小学館と契約書を交わしていなかったという。こうした対応は一般的だというが、映画化などが盛んなアメリカの契約事情はどうなのだろうか?

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る