倒産寸前の寿司屋 復活するまで

「20代で家業再建した2代目」が示す探究の凄み ミシュラン二つ星獲得したすし名店の流儀

(東洋経済オンライン) 2021/04/18 15:00

「20代で家業再建した2代目」が示す探究の凄み

「20代で家業再建した2代目」が示す探究の凄み

(東洋経済オンライン)

北海道札幌市に店を構えるすし屋「鮨 一幸」は、2012年にミシュランガイド一つ星を獲得、2017年には二つ星に昇格した名店だ。店主の工藤順也氏(39)は2代目。2006年、25歳で父親から店を引き継いだとき、バブル崩壊や当時店があった真駒内の過疎化によって、倒産寸前の危機にあったが、見事に立て直した。工藤氏が大事にしたのは「心が動くすしを作りたい」ということだ。一流の食材を求め、調理法も徹底的に研究した。その工藤氏が仕事への向き合い方について語った。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る