98歳「看板娘」お客にかける言葉

「もう生きるのがつらい」そんなお客さんに世界最高齢98歳の薬剤師がかける"ある言葉"

ヒルマ薬局小豆沢店の店頭。年齢問わず多くのお客が出入りする。 - 撮影=市来朋久

ヒルマ薬局小豆沢店の店頭。年齢問わず多くのお客が出入りする。 - 撮影=市来朋久

(プレジデントオンライン)

PRESIDENT Online 掲載

東京・板橋区にあるヒルマ薬局小豆沢店。そこには、時に1時間以上雑談をしていくお客も来るという。雑談の相手は薬剤師一筋75年以上になる98歳だ。連載「Over80『50年働いてきました』」第3回は、世界最高齢の薬剤師、比留間榮子さん――。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る