迫るリストラ 理研研究者の思い

迫る大量リストラ、理研研究者が募らせる危機感 日本の科学技術力に影を落とす可能性も

(東洋経済オンライン) 2022/10/01 06:01

迫る大量リストラ、理研研究者が募らせる危機感

迫る大量リストラ、理研研究者が募らせる危機感

(東洋経済オンライン)

理化学研究所が計画する、2023年3月末で有期雇用が通算10年(2013年4月1日が起算日)になる研究者の大量雇い止め期限が迫ってきている(詳細は本日配信の記事「理研、大量リストラまで半年「4月1日」巡る攻防」に)。だが、現時点で訴訟を起こしたのはチームリーダーの職にある1人だけだ。多くの研究者が訴えないわけとは―。研究者のレームダック化を招く雇い止め問題は、日本の研究の発展にも暗い影を落としている。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る