米Google サムスン元幹部を起用

米グーグル、IoT事業責任者にサムスン電子元幹部を起用

(ロイター) 02月13日 14:21

 3月12日、米アルファベット傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。写真はグーグルのロゴ。7日にパリで撮影(2018年 ロイター/Charles Platiau)

 3月12日、米アルファベット傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。写真はグーグルのロゴ。7日にパリで撮影(2018年 ロイター/Charles Platiau)

(ロイター)

[サンフランシスコ 12日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子<005930.KS>の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。リー氏がリンクトインへの投稿で明らかにした。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る