日産、役員報酬制度の変更検討

日産、報酬制度を変更へ ルノーとの連合も見直し

(共同通信) 11月21日 22:38

カルロス・ゴーン容疑者 (c)朝日新聞社

カルロス・ゴーン容疑者 (c)朝日新聞社

(AERA dot.)

 日産自動車が、代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受け、役員報酬制度を変更する検討に入ったことが21日分かった。事実上、ゴーン容疑者の裁量で報酬額を決めてきた現行の仕組みが不正の温床と判断した。フランス大手ルノーとの企業連合の在り方も見直す。22日に臨時取締役会を開き、ゴーン容疑者の会長職を解く。パリを訪れる世耕弘成経済産業相は同日、フランスのルメール経済・財務相と企業連合の継続などに関して会談する予定だ。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る