食品「夏物商材」猛暑で追い上げ

食品“夏物商材”が7月の不振から一転、飲料先頭に猛暑で追い上げ

食品“夏物商材”が7月の不振から一転、飲料先頭に猛暑で追い上げ

食品“夏物商材”が7月の不振から一転、飲料先頭に猛暑で追い上げ

(食品産業新聞社ニュースWEB)

2019年の夏物商材は7月の長梅雨にたたられて厳しいスタート、コンビニのホットコーヒーが好調と伝えられる情勢だったが、同月末の梅雨明け後からの全国的な気温上昇・猛暑により需要のエンジンが点火し、各分野共に反撃体制に転じている。お茶・ミネラルウォーターなど飲料を先頭に、チルド麺などが鋭い追い上げをみせている。序盤の遅れを取り戻せるかどうかは微妙だが、お盆休み明けから9月にかけての残暑商戦まで、勢いに乗って駆け抜けたい情勢だ。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る