世界最長1万6千km 直行便が再開

世界最長、空の旅を再開 1万6千キロを18時間で結ぶ

(朝日新聞) 10月12日 10:05

シンガポールと米ニューヨークを結ぶ、エアバス社製の新機種「A350―900ULR」(シンガポール航空提供)

シンガポールと米ニューヨークを結ぶ、エアバス社製の新機種「A350―900ULR」(シンガポール航空提供)

(朝日新聞)

 シンガポール航空は11日、シンガポールのチャンギ空港と米ニューヨーク(ニューアーク空港)を結ぶ直行便を再開した。飛行時間は18時間45分、飛行距離は1万6700キロで、民間旅客便としては世界最長の直行便となる。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

OCNからのおすすめ