東芝メモリの売却 中国が承認

東芝メモリ、中国が売却承認 財務基盤は大幅改善

(SankeiBiz) 05月18日 06:17

 5月17日、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却を中国独禁当局が承認したことが明らかになった。2017年2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

 5月17日、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却を中国独禁当局が承認したことが明らかになった。2017年2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

(ロイター)

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却手続きが、中国の独占禁止当局の審査で承認されたことが17日、分かった。当初は3月末までに売却を完了する予定だったが、中国の承認作業が遅れていた。東芝は喫緊の課題だった東芝メモリの売却で2兆円の資金を得ることになり、財務基盤が大幅に改善する。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る