gooニュースアプリなら速い、見やすい

19年IPO件数86社 大型案件はなく

日本のIPO市場、大型案件なく資金調達額は8年ぶり低水準ー野村証

(Bloomberg) 2019/12/17 13:33

(ブルームバーグ): 野村証券公開引受部の倉本敬治部長が17日、2019年の国内新規株式公開(IPO)の状況について記者向けセミナーで語った。

19年のIPO件数は86社の見込み、18年の90社を下回る19年のIPOによる資金調達見込み額は3200億円と前年実績(3兆1300億円)の10分の1程度に落ち込んだ 11年の1660億円以来、8年ぶりの低水準に 倉本氏は昨年IPOしたソフトバンク(2兆6500億円)のような超大型案件がなかったとした上で、もともと基礎的な水準は2000億円から3000億円程度と述べた米ウィーワークの上場延期問題が表面化した9月以降、一時期、投資家の手が縮こまったことにより、一部銘柄の公開価格が想定仮条件から切り下がったり、上場後に株価が下落したりしたが、足元の投資家マインドは強気を回復20年の国内IPO件数は今年並みもしくは若干の減少を見込む©2019 Bloomberg L.P.

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る