東証終値417円安 華為問題を懸念

日経平均が大幅下落 ファーウェイ問題で米中摩擦の懸念

(朝日新聞) 12月06日 15:52

グラフ

グラフ

(朝日新聞)

 6日の東京株式市場は、日経平均株価が大幅に下落した。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部が米国の要請を受けてカナダで逮捕されたと報道され、市場に米中貿易摩擦の激化への懸念が広がった。日経平均の下げ幅は一時600円を超え、終値は前日より417円71銭(1・91%)安い2万1501円62銭。3日連続の下落で、10月30日以来、約1カ月ぶりの安値水準となった。

続きを読む

新着トピックス一覧

経済のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る