米英で長短金利逆転 懸念高まる

米英で長短金利が逆転、景気後退懸念高まる

(ロイター) 2019/08/15 00:06

14日の取引で、米2年債と10年債の利回りが2007年以来初めて逆転した。ニューヨーク証券取引所で13日撮影(2019年 ロイター/EDUARDO MUNOZ)

14日の取引で、米2年債と10年債の利回りが2007年以来初めて逆転した。ニューヨーク証券取引所で13日撮影(2019年 ロイター/EDUARDO MUNOZ)

(ロイター)

[ロンドン 14日 ロイター] - 14日の取引で、米2年債と10年債の利回りが2007年以来初めて逆転した。世界最大の経済大国である米国がリセッション(景気後退)に向かっていると投資家が懸念していることを示す兆候だ。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る